認定経営革新等支援機関として中小企業の課題解決

事業承継支援

  • HOME »
  • 事業承継支援

事業承継が円滑に進めることができるように支援します。

事業承継は下図の5つのステップで進められます。(中小企業庁 事業承継ガイドラインによる)

事業承継ステップ

ステップ1 事業承継に向けた準備の必要性の認識
事業承継に向けた早期・計画的な準備・着手を促すため、「事業診断」や支援機関と事業経営者との間で事業承継に関する対話の促進等に取り組むステップ
ステップ2 経営状況・経営課題の把握(見える化)
「経営状況の見える化」の目的は、経営者自らの理解促進に留まらず、関係者に対して自社の状態を開示することでもある。このため、正確で適正な決算書の作成や業界内における地位の確認、知的資産等の適切な評価などにも取り組むステップ
ステップ3 事業承継に向けた経営改善(磨き上げ)
現経営者が将来の事業承継を見据え、本業の競争力強化の改善をおこなうことで、後継者が後を引き継ぎたくなるような経営状態への引き上げを図るステップ
ステップ4 事業承継計画策定 あるいは マッチング実施
親族内・従業員事業承継の場合、事業計画を踏まえ、株式などの事業用資産や代表権の承継時期を記載した事業計画書を後継者とともに策定し、事業承継の円滑化を図るステップ
ステップ5 事業承継の実行 あるいは M&A等の実行
株式・事業用資産や経営権の承継を実行するステップ
ポスト事業承継 後継者による新たな視点での事業の見直しなどへの挑戦を支援する。

当協会は支援機関として事業承継に関するご相談に応じ、補助金申請や税制優遇も含めて円滑な事業承継を支援します。

 

 

 

otoiawase

 

 

rink

 

PAGETOP